オーディオ機器を選ぶ決め手

不要になったオーディオは売却しませんか?

不要になったオーディオは売却しませんか? 家の中を占拠しているオーディオ機器は筐体が大きく、収納の中にしまい込んだまま、音楽を聴く時にはミニコンポなどがあるのでそのままにしている人も多いのではないでしょうか。
電化製品は使わずにそのままにしておくと部品が劣化してしまい、機能が低下してしまいますし、オーディオ機器は音質が悪くなる事もあります。
要らないものを処分する時には粗大ごみ回収を利用する人も多いかと思われますが、オーディオ機器は買い取りを利用する事で高く売る事が出来るケースもあります。
売却出来るお店は専門店だけはありません。
不用品回収を行っている業者の中には、買い取りを実施している所も多くあります。
買い取りが出来るか否かは製品の状態などにもよりますが、オーディオ機器の中には希少価値が高い製品もあるので、仮に壊れている製品でも売却が出来るケースがあります。
尚、売却をする時には出張サービスを行っているお店や業者を選べば持ち込みなどをせずに査定依頼が出来ます。

オーディオスピーカーの選び方

オーディオスピーカーの選び方 オーディオスピーカーはアンプで増幅された電気信号を鳴らす装置、いわゆる音の出口になる部分です。
実際に試聴する事で音質の良し悪しを知る事が出来るので、購入する時にはリスニングルームを設けてあるお店で、自分が持っているアンプと同等の製品を利用し、音質のチェックを行うのがお勧めです。
但し、自分の家の中とお店のリスニングルームは環境そのものが異なるため、試聴した時に良くても、自宅で使ってみるとニュアンスが異なる事もあります。
オーディオスピーカーは部屋の中の置き場所を変える事で音質が変わるので、設置場所を変えて見ると良いでしょう。
部屋の隅に設置する、オーディオラックの両側に設置する、オーディオスピーカーを置く時には、下に台を置いてその上に載せるなど、工夫を行えばお店のリスニングルームで聴いた時と同じような音質になる事もあります。
ちなみに、台の上に載せる時にはコンクリートブロックを使うと効果が高くなる事もあるので試して見るのがお勧めです。



新着情報

◎2017/11/17

不要になったオーディオ
の情報を更新しました。

◎2017/9/26

好みの音質を作る
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

オーディオ機器を選ぶ決め手
の情報を更新しました。

◎2017/5/16

オーディオをお得に購入する
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

オーディオを取り扱う会社
の情報を更新しました。

「オーディオ 売却」
に関連するツイート
Twitter

オーディオメーカーのニュースは、単に企業の経営の話に留まらず、価値観の変化みたいな事も感じる。。。 「質より値段」なのだろうか… はたまた、ただのプレゼン下手?? オンキヨー、退路断ちOEMに活路 AV事業は売却へ: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

オーディオ機器老舗のオンキヨーがテレビ内蔵スピーカーなどのOEM(相手先ブランドによる生産)事業に成長を託します。連結売上高の7割弱を占めるアンプなどの「ホームAV事業」を米社に売却することで合意。退路を断った老舗企業の新たな挑戦が始まります。 nikkei.com/article/DGXMZO…

かつての「オーディオ御三家」パイオニアの事業も吸収・統合したものの売上高が減り続け、主力の「ホームAV事業」売却に踏み切るオンキヨー。 OEMやヘッドホンの強化に挑みます。 s.nikkei.com/2HOVNLy

Twitter【公式】IRクラウド―貯金じゃない、あなたの新たな選択肢―@IR_Crowd

返信 リツイート 昨日 10:20

かつての「オーディオ御三家」パイオニアの事業も吸収・統合したものの売上高が減り続け、主力の「ホームAV事業」売却に踏み切るオンキヨー。OEMやヘッドホンの強化に挑みます。 s.nikkei.com/2HOVNLy

Twitter日本経済新聞 電子版@nikkei

返信 リツイート51 昨日 9:04

●オンキヨー 売上7割のAV事業売却オーディオ機器老舗のオンキヨーがテレビ内蔵スピーカー等のOEM事業に成長を託す。連結売上高の7割弱を占めるスピーカーやアンプといった「ホームAV事業」を米社に売却する事で合意。獲得する資金を本体に残るOEM事業などにつぎ込む。 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterカイエン@日々感謝の気持ち☀️@FaL5ons

返信 リツイート 昨日 7:39

(日経新聞)オーディオ機器老舗のオンキヨーがテレビ内蔵スピーカーなどのOEM(相手先ブランドによる生産)事業に成長を託す。連結売上高の7割弱を占めるスピーカーやアンプといった「ホームAV事業」を米社に売却することで合意。獲得する資金を本体に残るOEM事業などにつぎ込む。

オーディオ機器大手「オンキヨー」は21日、スピーカーやアンプなどのホームAV事業を米サウンド・ユナイテッド社等に売却する旨発表しました。6月26日の定時総会で承認を得た上で7月1日に売却するとのことです。今回は事業譲渡等の事業の売却手段を比較していきます。 corporate-legal.jp/%e6%b3%95%e5%8… pic.twitter.com/owRCPq6r1L

【ビジネスマン・就活生のための #日経記事簡単要約】 22日の東京株式市場で、#オンキヨー 株が反発した。前日比90%高の57円と約2ヶ月半ぶりに高値をつけた。主力であるオーディオ事業をサウンド・ユナイテッドなどに売却すると発表し、赤字基調に歯止めがかかることが期待されたためである。

TwitterUnited Kind U.K @社会人4年目営業会社員@KindUnited

返信 リツイート 5/23(木) 21:36

オンキヨー、主力のオーディオ事業の売却で米社と合意:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO… onkyoグループにはパイオニアとTEACもいたから、これで実質的に日本からはフルラインアップのオーディオ専業メーカーはなくなることになるのか?

返信先:@yukiyami こないだオーディオ事業売却発表したから反発したけど、先は暗いやろw